ズワイガニ

牛ノ戸焼 五郎八茶碗

頂き物の牛ノ戸焼。

普通の茶碗より大振りの茶碗で、ほうじ茶、番茶、玄米茶に合う感じ。

調べると、五郎八茶碗と呼ばれるもののよう。元々は野良仕事の合間にご飯を食べたりお茶を飲んだりしたものらしい、素朴で実用的な器。

2021年元旦

今年は、お節をお重に詰めた。

慣れないもので詰めるの難しい。来年の参考に画像を残しておく事にする。

そしてお刺身は2人分に10,000円分は多過ぎた。半分で良いな。

丸餅を焼いて、アゴと昆布、干し椎茸、親鳥でとった出汁で雑煮。魚醤も入れたかったけど切らしていたので残念。家の雑煮は出汁の旨味が強いので、具はシンプルに蒲鉾とかつお菜。あと柚子は欠かせない。

年末年始、毎年の事ながら大掃除は終わらないし、準備も思い通りにはいかない。特に今年は初詣も行かず、映画にも行かず、特別な事はせず、ごく普通に過ごす予定。

良い年になりますように。

健康で、元気に過ごせる事が何より素晴らしい。歳を取るごとに、無事の有り難さを思い入る。

人生の残りがどれ程あるのかは分からないけれど、

永遠に生きるかのように学び、

明日死ぬかのように生きよう。

とりあえず来年は、刺身を盛るためのお皿を用意しようかなと思う次第。

葉蘭が欲しかったけれど買いに行くのが面倒だったので、ベランダで育てようかな。あと南天も。飾り物や茶花の類もあると良いね。

山川ハニーみかん

山川ハニーみかん。

12月から1月にかけて1ヶ月くらいの間しか出回らないので、今の時期は毎日食べる。

山川みかんは、マイルド130なども甘くはあるけれども、ハニーみかんの方が甘い。博多マイルドというものもあるそうだけど、今のところ見かけたことがない。

糖度が13度以上のものがハニーみかんと位置づけられているそうなので、間違いが無い。

あまり全国に知られてない気がするけれど、数が少ないようなので、気軽にスーパーで買える今くらいの感じが良いな。

これはボンラパスで購入。小さなもの10個で950円。

SARONNO パネトーネ

甘いパンはあまり好きでは無いけれども、パネトーネはちょっと好き。しっとりしていて、このメーカーのものは伝統的なレシピで作られていて美味しい。アルコールは入っていないけれど、発酵臭があって、ちょっと独特の味わい。