食事

パンとスープみたいな、売れない画家みたいなイメージの食事がわりと好き。

とは言え、パンはオーガニック小麦のカンパーニュで、バターはエシレ。かぼちゃのスープもオーガニック。作る時に使った牛乳はジャージー乳だ。

本当の貧乏だと、こんなものは食べていない。

食べなくてよければ野菜は全然食べたくない。がしかし、体調は悪くなる。体は正直だな。

お参り

太宰府天満宮は、犬の散歩に通るのは可。

だけど、楼門から先の、本殿前はさすがに抱えて入る。

太宰府天満宮は。拝殿はなく本殿。

なんでなんだろね?元が墓所だから?

防災

今回の台風のための準備はわりと楽だった。非常用の水や食料は日頃の備えがあるので買い足す必要がなかったし、タオルの予備や懐中電灯等の備えもある。

反省点としてベランダの鉢を動かすのがちょっと重かったので、ファイバークレイ製に変えていこうかなと思うのと、キャスターをつけることも考える。

日頃の備えとシュミレーションで、落ち着いて過ごしていられたのと、マンション住みというのはやはり楽だなと思った。マンションの環境と土地柄、水害の心配も土砂崩れの心配もなく、避難することは最初から念頭に入れないで済む。

停電したら、一晩くらいいは車で寝るかなとは思っていた。それだけ呑気にしていられるのも、街中で電気の復旧は早いだろうと思っていたから。(おえらいさんの家がたくさんある土地柄だしね)

風致地区で看板もない土地なので、飛来物もあまり気にしなくて大丈夫ではあったけれど、大きな木のある家がけっこう多いので、倒木はちょっと心配だった。

この先人口が減っていくのであれば、災害の被害に合いにくい土地に、みんなで住めるといいのになと思う。災害の時は特にコミュニティは大事だと思うけれど、子供もいない余所者には地元のコミュニティに関わる術がない。

自由にはコストがかかる。

ビーチアニマル

テオヤンセンの、ストランドビーストをここで見れたら良いのになぁ。

一緒に遊びたいね。

甘唐辛子と蒟蒻のおかか炒め

家では肉より魚を食べることが増えて、より和食に食の好みが変わりつつある。

最近最も感動した味は、お豆腐屋さんの揚げたての厚揚げ。

いつもは厚揚げを買って帰って、一度軽く湯通しして油を落として、

フライパンで軽く焼いて食べるのだけれども、

揚げたてを買えたので、晩ご飯まで待ちきれず、帰ってすぐ生姜醤油で頂いたら美味しくて幸せな気持ちになった。

大根買って、大根おろしで雪虎にしてもいい。

甘長とうがらしはくったり炒めて、味の染みたのが美味しい。

子供の頃は何とも思わなかったようなものが、この所美味しいと思う。

簡適にして醇乎。

家でのご飯は、さっと炊いたのと、何か焼いたのと、漬物でもあれば良し。