琴海堂 長崎和三盆かすてら

先日、テレビでグランホールフーズの社長の特集の中で出てきたカステラのお店。琴海堂。

その時のものは、琴海の心というギリギリまで和三盆を増やしているものだったけれども、

これは普通タイプ。とは言え和三盆も入ってはいる。

甘さが強くて、卵の風味があまり感じられないのは、上白糖の割合が多いからだろうか?と思ったら、

日が経つと味わいも舌触りも軽くなり程良い感じに。

ミルクプリン

牛乳が余るので何か使い道ないかな?と

なかしましほさんのレシピでミルクプリン。

牛乳と豆乳と寒天で作り、黒蜜ときな粉がけ。

絶妙な固さで、豆乳臭くも牛乳臭くもなく、癖のない不思議な感じ。

深山栗山

深山栗山

栗とお砂糖だけのシンプルで滋味深い美味しさ。

お茶のお供に最高のお菓子。

日持ちもしないので、本当に食べる分だけを買って帰る事にする。

先日ネットで調べ物をしていてふと引っかかった記事に、山鹿に栗きんとんだけを出すお店があると言う。

栗きんとんは大好きで、デパ地下の銘菓店で買うこともあるし岐阜から買ったこともある。暮らしの中で毎年必ず一度は食べている。福岡だと、求めやすい店では鈴懸があるけれど水っぽいし渋皮のアクが強いしで全く好みでは無いので何度か試したけれども買うのをやめた。

やっぱり岐阜だねーと毎年嬉々として食べていたけれども、前に有名な産地だったり菓子店でも実は熊本産の栗であるという事を聞いた。それからは取り寄せてまで買うのも何だかなぁと思っていたので、和菓子店のもので色々試してみていた。なので産地である熊本、山鹿でこのお菓子を買うことが出来るのは、本当に意味のあることだと感じている。

山鹿は、山鹿羊羹も美味。唐津のけえらんにも似てるけど違いは、山鹿のものはちょっと塩味が効いていること。専門の店でなく、色んな店先に並べてあって崎津の杉羊羹みたいでもあるね。

アンジェリーナ モンブラン

福岡に出来たのはいつの日だったか。

ケーキをあまり食べなくなったこともあって、買うのも年に2回くらいだったろうか。しかも今年は胃の調子があんまりねーと言いながら、他店の日本風のモンブランのを食べていたりした。

アンジェリーナのモンブランが、食べられなくなる日が来てしまった事を残念に思う。

福岡では、お客さんも少ないだろうし、やっていけないんじゃないかなと心配していたから、いざ閉店と聞くと、残念な気持ちと共にあぁやっぱりという気持ちと、なんだか申し訳ないような気持ちでいっぱいになる。勝手な気持ちでしかないけれども。

今までにもいくつかの、パティスリーやカフェ。ジェラールミュロや、ウィーンオーバーラー、カフェ・ド・フロールが消えていった。

フォードナムアンドメイソンは一度無くなったけれども再度オープンしてくれた。

ブーランジェリーは頑張ってるよね。ポールも、ポールボキューズも、メゾンカイザーもまだある。

ジャンポールエヴァンとオーバカナルはまだあるけれども、それもいつまで続くだろうかと思いもする。

おばあちゃんになるまで残っていてくれるだろうか。

いつかパリに食べに行くしかないなという事で、名残惜しいけれどもこの味をしっかり覚えておこう。

またいつか。

Pascal legac

36個入り。

今年のバレンタインはサロンドショコラも行かず、通販で購入。

3年連続でパスカルルガック。

肺炎やら、インフルやら、感染症が怖いというのもあるし。

何にしようか考える気力もなかった。

買い物も、何か決めるのも、疲れてると難しい。

チョコレート食べて、元気出そう。