ロイヤルのスィートポテト

ロイヤルとロイヤル系列のベーカリーカフェ、アペティートで購入出来るお菓子がとても好きで、長年食べていると、もはや家庭の味。

スイートポテトにアップルパイ。バナナマフィン、シナモンロール、ツイストドーナッツ、ロッキー、アマンド。

バナナマフィンは、朝ごはんに良く食べたなー。今は時々大濠のボートハウスの所で、コーヒーと共にテラスでクロエちゃんと食べる。

昔、夜遊びの後に赤坂のアペティートでエッグベネディクトかベーコンの入ったほうれん草のサラダというのが定番になっていた時期があった。

ドーナツ系はガッと甘いので食べ切った記憶は10代しかない。

アップルパイも一切れが大きいので、手を伸ばさなくなって久しい。

スイートポテトは、3つ入りのパッケージで500円と買いやすいし、持ち帰りやすいので良い。半分ずつ食べても良いし、これも朝ごはんにコーヒーと食べると幸せ。

逆に、カフェのメニューにあったかな?

家で食べたことしか無いかもしれない。

イスパハン羊羹

想像より見た目羊羹。もっと薄い白っぽいピンクかな?と思ってた。断面もこの通り。なんとなくグラデーションとかで。、あるいは何か見立てた感じになるのかなあと思ってたので、ちょっと残念。

しかし、口に入れるとブワーっと薔薇の香りがやってくる。桜羊羹などの、薔薇バージョンと思えばそんな感じ。ライチなどの香りはちょっと奥まっていて分かりにくい。

お茶は何が合うかなぁ。まずは煎茶。苦味の強い物が合うのか、あっさりした物が合うのか。

ミントやレモングラス入りの緑茶でも合うし、紅茶でも合うし、お薄もいいし、登頂烏龍茶なども合うし、普洱茶もいけそう。コーヒーは、さすがにエスプレッソは強すぎる。浅煎りのものなら合うのかな?と思う。

違いを楽しめる楽しいお菓子だ。

とらやの生菓子とエルメのコラボは食べたいけれど、東京にも行けないし残念。

琴海堂 長崎和三盆かすてら

先日、テレビでグランホールフーズの社長の特集の中で出てきたカステラのお店。琴海堂。

その時のものは、琴海の心というギリギリまで和三盆を増やしているものだったけれども、

これは普通タイプ。とは言え和三盆も入ってはいる。

甘さが強くて、卵の風味があまり感じられないのは、上白糖の割合が多いからだろうか?と思ったら、

日が経つと味わいも舌触りも軽くなり程良い感じに。

ミルクプリン

牛乳が余るので何か使い道ないかな?と

なかしましほさんのレシピでミルクプリン。

牛乳と豆乳と寒天で作り、黒蜜ときな粉がけ。

絶妙な固さで、豆乳臭くも牛乳臭くもなく、癖のない不思議な感じ。

深山栗山

深山栗山

栗とお砂糖だけのシンプルで滋味深い美味しさ。

お茶のお供に最高のお菓子。

日持ちもしないので、本当に食べる分だけを買って帰る事にする。

先日ネットで調べ物をしていてふと引っかかった記事に、山鹿に栗きんとんだけを出すお店があると言う。

栗きんとんは大好きで、デパ地下の銘菓店で買うこともあるし岐阜から買ったこともある。暮らしの中で毎年必ず一度は食べている。福岡だと、求めやすい店では鈴懸があるけれど水っぽいし渋皮のアクが強いしで全く好みでは無いので何度か試したけれども買うのをやめた。

やっぱり岐阜だねーと毎年嬉々として食べていたけれども、前に有名な産地だったり菓子店でも実は熊本産の栗であるという事を聞いた。それからは取り寄せてまで買うのも何だかなぁと思っていたので、和菓子店のもので色々試してみていた。なので産地である熊本、山鹿でこのお菓子を買うことが出来るのは、本当に意味のあることだと感じている。

山鹿は、山鹿羊羹も美味。唐津のけえらんにも似てるけど違いは、山鹿のものはちょっと塩味が効いていること。専門の店でなく、色んな店先に並べてあって崎津の杉羊羹みたいでもあるね。