夜はやさし

フィッツジェラルドの小説のとても好きな話でもあるし、フレーズから思い起こされる記憶の数々がある。

激しく爆発するような喜びや歓声の夜はもう終わった。

泥の中に沈んでいくかのように思えた日々もあったけれども、

犬と散歩する。

水辺があり、緑があり、風が吹いていて、空は晴れている。

田舎であっても街であっても。

いつでも、

夜はやさし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中