WOLF Garten

剪定バサミを買おうと思うも、何が良いのかさっぱり分からず、

雑誌で見かけたウルフガルテンのアンビルタイプの剪定バサミRS2500を購入した。

アンビルタイプは、力があまり要らないタイプで、下の歯は固定されていて、上の刃で押し切るように使うものだそう。

そんな事も初めて知る。

赤と黄色で派手だしあんまり好きじゃないと思っていたけど、これは、アウトドアでの用途として考えられているのだろうと思う。

自然な色だと、多分庭でどこに置いたか分からなくなるから。

刃はコーティングされてて手入れも楽そう。

使い心地は、切れ味の良い爪切りみたいにサクサク切れる。

高いし、そんなに使わないしと結構長く悩んできたけども、これで花を生ける時の枝物もサクサク切れるようになったし、

せっかくなので、植木を増やしてみようかなとも思う。

今回はオリーブの剪定。まだ一年くらいで細い枝ばかり。剪定はまったく分からず自信もないので、これで良かったのかはオリーブのみぞ知る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中