亀末廣の一休寺

お干菓子の中でも、落雁はあまり好きでは無いという人が多いように思う。

かく言う私もそう思っていたところがあります。

亀末廣さんの、一休寺は玄米の落雁に大徳寺納豆があしらわれており、銘の由縁となっています。

開けると大徳寺納豆の香りが漂ってきます。

発酵した酸味とふくよかさのある塩味。これが落雁にとても合っていて、お菓子の後のお茶が尚更美味しく感じます。

子供の頃は饅頭やおはぎやら、練り切りやきんとん、生菓子の方が好きでしたし、何個でも食べれたような時は干菓子の美味しさが分からなかったけれど、

こうして落雁を食べながらお茶を喫して、心の中でにやにやとするような日が来るとは思いもしませんでした。

歳を取るのは楽しいなぁ。

などと言いつつ、亀末廣さんでは今年の竹裡、栗蒸し羊羹の販売がすでに終わってしまって買えなかったのが、かなり心残り。竹

仕方なく、とらやさんあたりで買うかなと一瞬思ったけれども、竹裡は、他の店の栗蒸し羊羹では代用の効かないところがあります。やっぱり違うんだよね。

京都の面白いところは、お店によってけっこうはっきり味に違いを感じるところ。だからどの店も長い間愛されて残ってきたんだろうなと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中