何必館

前から行こうと思っていた何必館。

写真家、ロバート・ドアノーの展示もあったので行ってみた。

私でも知っているくらい有名な写真ばかりで、知ってるーと思いながら見ていたけれど、

そのドアノーの人柄を説明するコメントがとても良くて、

私もこんな風に写真を撮りたいなぁと思いながら見て回った。

一方で魯山人。

前から見たかった椿大鉢をこの目で見て、本当に嬉しかった。

誰も居ない展示室で、触れられるほど近くで。

思ったより大きかったし、何というか魯山人の絵付けはいつも思うのは、押し付けがましいところが無く、作為はあるけれど、喜びがある。不思議。

ドアノーが人々に向けた視線と、魯山人が手がけた書や篆刻、焼き物や器、絵や作品の数々、全てが美に通じるものへ向けた視線は、同じ。

とても対照的なのに、同じものがあるのが面白い。

魯山人展をちょうど銀座の蔦屋でやっているようなので、それも見たかったなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中