唐津の鯛

唐津の鯛をとあるテレビ番組で見ていて、

焼いた鯛、とても美味しそうだったけど、なんで九谷焼???と不思議に思った。

料理人の方の後ろに鯰 向付と箱書きのあるのを見て、おや、と思う。

料理人の名前を検索して、はぁなるほどあの窯のファンなのか。器を集めているのか、と。

骨董も収集されている、と。

きっとあの鯛を盛った器も自慢の逸品なのだろう。素晴らしい器で。

でも、骨董や器が好きなら唐津を知らない訳がないから、

唐津焼の良さが分からないか、好みではないのかなとは思う。

自分が一番良いと思った器に盛りたかったのだろうとは思う。
唐津で唐津焼じゃつまらない、と思ったのかもしれない。

あの漁師のお父さんお母さん達には、やっぱり唐津焼での方が嬉しかっただろうか。
番組中、漁師の方のお家の玄関に唐津焼の飾り皿があったのを見たから、そう思うだけかもしれない。

正解は、もちろん無い。

料理に限らず仕事は誰の為なのかと考える。

自分の満足行くことも大事で、自分が一番いいと思う物を提供するのも大事。

でもその向こうがあるよな、と思う。

もう一つ先の、喜びもあるなと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中