ル・ボータンのパートドフリュイ

先日、とあるフランス菓子屋でゼリーは無いですか?と聞いた時、首を傾げて前もって注文頂けたら作らないでも無いですけど…みたいな返事でがっかりしたのだけれど、後から思えば、ジェリーと間違えられたかなのかもしれない。ちゃんとパートドフリュイと言わなければならなかっただろうか。

パートドフリュイ。福岡ではあまり見かけず、昔近所に鹿鳴館という菓子屋があり、そこのフルーツゼリーが美味しくて、好きになったのだけれど、そのお店は残念ながら無くなってしまった。三越の中に彩果の宝石はあるけれど何となく食指が伸びず。それから長らく食べていなかったのだけれども、ディーンアンドデルーカでイタリアのLEONEのゼリーを見つけてから、またお気に入り。

そして、イタリアが美味しければフランスのゼリーも美味しいんじゃなかろうかと、食べたいなぁと思いは募る。フランスから取り寄せる前にどこかお菓子屋で作ってないかな?と記憶を辿って、一軒だけ思い出した。あそこならあったはずと行ってみれば嬉しいことに、いくつもの種類のゼリーがショーケースに美しく並んでいた。1つ120円と価格も嬉しい。どれにするかとても迷ってしまう。

一度に全部買うと楽しみが無くなってしまうので3つだけ購入した。洋梨と、オレンジと、アプリコット。柔らかさはそれぞれ違い、アプリコットは硬めでオレンジは柔らかく、洋梨はその中間くらい。どれもフルーツの濃縮された香りと甘さで最高に美味しい。これは特別なおやつになりそう。

余談だけれどもこのお店のブリオッシュとカヌレも好きで、焼き菓子も美味しく、行くといつも生ケーキを買って帰る事が出来ない。午後に行くことばかりでいつも売り切れたケーキのプレートが端に寄せてあり、美味しいに違いないとは思っているのだけれども。

いつか、フランスに行きたいけれども、行ったならばチョコレートにゼリーにマロングラッセに、サブレに、食べたいものがあり過ぎて、胃がいくつあっても足りなさそうだ。

その前に、ル・ボータンのゼリーを全部食べてみなくては。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中