青磁小鉢


筥崎宮風の市で購入。

銘々皿としても、向付、小鉢としても使えそうなものを購入。

サイズは約五寸。厚みはなく、高さが少しあるので汁気のあるものも大丈夫だ。

お店の人は相馬焼やったかなーと言ってたけど、相馬焼では無いような。なんかこの感じは見たことあるんだけど何やったやら。

陶印は扇に見えるけれど、向きが違うかもしれないし、貝のようにも見えるし、分からない。李英才の感じにも似てるし、若い作家のものかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中