車と人と犬選び

車の趣味は異性の趣味と共通するという説がありますが、犬種選びにも共通するよねー。

家人は、一度はアイリッシュウルフハウンドが飼いたいと言う。理由は、1番大きい犬を飼ってみたい!って事で。そう言えば車も大きいものばかり乗ってきた。

私はこれまでの犬の傾向で言えば、サイトハウンド。見た目の優雅さと流線型なデザイン。確かに、ジャガーやマセラッティのようなデザインの車が好き(買えないけど)

クロエちゃんが来て、テリアも可愛いなーと思うようになって、車もアルファロメオのジュリエッタか、メルセデスのスマートが欲しい。小さくて癖のある感じが好きになった。

壊れるし、修理はお金も時間もかかるし、大変なんだけどデザインが美しくて、運転する楽しさのある車と、世話が焼けて一癖も二癖もあって、面倒で愛すべき犬。よく似てるね。

政治家や経営者にはテリアが向いてるかもね、とふと思う。権力がある人ほど、周りはイエスマンばかりで、機嫌を伺われてばかりになる。それを心地よいとは思えない、真の友情が欲しいと思う人には、テリアはぴったりかも。こんなに頑固で思い通りにならず、恐れ知らずで物怖じしない存在は、犬とはいえ貴重だと思うな。しかも立場や権力などおかまいなしで気遣いや遠慮からは程遠く、掛け値無しの愛情で向かってくる。そんな犬、愛さずにはいられないよね。でも、ユーモアのセンスがない人には、全く不向きだろうな。犬のやる事を笑って許せないだろう。

人の命令に忠実で、いつまでもじっと待っている、都合のいい従順な犬が好きな人は、異性に対してもそうなんだろうか。車も、燃費がよくてコストがかからないのが1番で、美しさや面白みは求めないのかしら。ユーモアを用いる必要もないし、満足するポイントの違いなのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中