山里しぐれ


国立博物館の特別展などで訪れる度、楽しみにしているのは藤丸さんでお菓子を買う事。福岡で一番好きな和菓子屋さん。

太宰府には、中々足を運べずにいた。今はようやく思い出を懐かしめるようになった。思い出の中の懐かしい彼女は、このお店を知っていたかな。

一緒に食べたかったなと思いつも、偲びながらの一人お茶です。

三色のお菓子は名前を失念。軽羹的な口当たりで、山芋の風味がいい。

山里しぐれは、まるでシュトーレン。山芋の皮に、シャキシャキしたものは蓮根?あと木ノ実のようなものを感じたけど、不明。お芋、南瓜。すごくさっぱりした味わい。

藤丸さんの生菓子はけっこう大きい。そして甘さは少なめ。

夫が留守で一緒に食べれなかったのは残念。栗きんとんもあったけど、それも日持ちはしないから買えませんでした。近々また行きたいけれど、それまでまだあるといいなぁ。


形が可愛い無花果とストライブの干菓子。

ストライブのものは、中が餡かと思って食べたら黒糖の、苦味とコクのある味わいが美味しい。


御門の華は、すごく美味しい。菓子の種類は落雁になるのかな。食感は駄菓子のミルクケーキにちょっと似ている。和三盆のキリッとした甘みと橘の香りがあります。雑味がなくて、後味がスッと消えて行く。

家にも干菓子器や、縁高重が欲しくなってきた。学ぶ事や新しい世界が広がるというのは楽しい事ですね。物欲も沸けば、悩みも増える。次に引っ越した家に和室があれば、何も置かずに贅沢に使いたいな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中