Life of pi

IMG_0274.JPG

虎が振り返らずに行ってしまったことが悲しくて堪らなかった、パイの気持ちがわかる。
私の虎もまた、消えてしまったから。

アンリー監督のブロークバックマウンテンも、このライフオブパイも、虚を突かれる場面があって、そして何もかもを一瞬で理解出来る瞬間がある。
映画を見る体験として、それは本当に気持ちが良く快楽的ですらある。
そうだったのかという深い共感に引き摺り込まれてしまう。

虎は、アラビアのロレンスで、ロレンスが「私は楽しんだ」というものと同じものだと思った。
そういえばパイも、ロレンスも神を探し求めた経験を持つ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中