金継

IMG_1750

金継で急須の欠けを繕ってもらう。

どうしてこれを?と不思議そうに聞かれた。
金銭的には価値がないと言ったらそれまでだけれど、二度と手に入らない物でもないし、直す金額で新しい物を買えるのに、何故?

この急須は私たちにとっては思い出の欠けだったので、捨てるに忍びなかった。
急須の形が好きで長年使っているのだけれど、1代目は割れてしまって2代目を購入し、わりとすぐに、留守中アンジーがお茶っ葉を食べるためにテーブルから落っことして割ってしまった。
お茶っ葉はきれい残らず平らげられていて、急須は口の所が欠けてしまった。
ちょうどきれいに割れているものだから、捨てるかどうしようか迷って置いておいたのだけれど、アンジーが死に、ますます捨てる事は出来なくなってしまったので、金継してみた。

ご飯の時、お茶の時、アンジーを思い出すね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中