ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

取り返しがつかない本当の苦しみを、誰もが抱えて生きていくのだということを、私は子供の頃理解できなかった。
苦しみは、乗り越えるべき。悩みは解決されるべきだと思い込んでいた。

でも、そうじゃない。
誰にも言えないことがあるし、自分のせいでの苦しみならなおさら、誰にも助けを求めることは出来ない。
誰にも触られたくないし、励まされたり、優しくされたりもしたくない。
自分で自分を許すことが出来ないから。
それに許したら、じぶんがやった事の相手が可哀想だ、と思っている部分もある。
そのことに気づいたのはずいぶん後のことだったけれど。
自分を許さないことで、誰かを救おうとしているから、苦しみは増すばかり。

だけど生きていれば、思いがけない所から、思いがけないタイミングで赦しがやってくる。
その瞬間をもう一度見たいと、私は待っている。