お茶

20140101-172325.jpg

新年早々1人なので、少し寂しくなってお茶に出る。

昔から、寂しい時はよくホテルでお茶をした。ひと気があって、うるさ過ぎず、サービスは親切で素晴らしい。
行き交う人も旅先だったり、仕事だったりで非日常の中。に、紛れる。

この寂しさは、誰もが持っている根本的な寂しさなので、埋まる事はない。
無くなる事もなければ、避けても無駄なので、味わうようにしている。

そんな感じでぼんやりしていたところに夫からの電話。忙しい中、一緒にお茶を飲むと言うのでそのまま待つ。

20140101-195252.jpg

結婚して良かったなと思うのは、特にこういう時。
一緒にお茶を飲んでくれる相手で本当に良かった。