台風と野菜

さんまを食べようかなと思っても大根が高いのでちょっと考えてしまう。
台風の影響で野菜が高い!

24bb2ff1.jpg

いったい野菜と言うのはどれぐらいの値段が相場と言うか相応の金額なのだろう。

ただし、これは「異常な」状態であるとは言い難い。

たまたま今回の原因は台風だった。

皆、「いずれは元通りになる」と思っているかも知れないが、果たしてそうだろうか?

とは、やまけん出張食い倒れのやまけんさんのBlogから。

育てている人の手間暇や人件費、輸送費etc…
100円ショップの影響なのか何でも100円という値段に慣れてしまっているけれど、
100円で売るものを作る裏側ってどうなっているのだろう。
100円の野菜の値段のうちのいくらが作った人の手に渡るのかな?

それにしてもこの頃不思議に思うことが、ひとつ。
八百屋さんって何故近くに2,3軒店を出しているのかな?
比べるのも悪いような、ひとつの店でしか買えない様な、余計なストレスがかかる・・・
それは私のような小心者だけかもしれませんが。

自給自足って可能なのかな?と考えた時に思った事。
野菜は頑張れば作れるかもしれない。
お米もかなり頑張れば作れるようになるかもしれない。
魚も小さい物なら釣れたとして、鶏もまぁ飼えたとして、小魚と卵と鶏肉は手に入る。
だけど何もかも作る事は出来ないんだなぁ、と思った。
野菜や米を作るために必要な道具。
保存するための袋や籠。
釣りのための針や糸や竿や網。
調理するための包丁やまな板や鍋やフライパン。
そして味をつけるための塩や砂糖や味噌や醤油などの調味料。
それらを自分で作るって言うのは現実に無理。
だから何かと引き換えにそれらを手に入れるしかないわけでしょう。

それが職業の原点なのだろうな・・・・・と思ったのですが・・・。

いったい私の仕事は何を生み出しているのだろうな?とも思ったのです。
米や野菜や魚やなんかと引き換えに出きるだけの物なのかな、と。
この事に対しての答えはまだ出ないし、悩んでるよりもやるしかない事だったりするんだけど、
青臭い未熟な考えだとしても、
分かったようなふりはしないで分からないままでも、自分では頭に置いておこうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中