別れの曲

自分が死んだら、

という事をよく考える。

悪いことでもないように思う。

何を残したいか、何を残したくないか。

死んですぐに意識がどうなるのか、魂はどこへ向かうのか。

もし、そも時届くのなら音楽なのかなという気もする。

意味はなさずとも届くもの。

なので、自分が死ぬ時のプレイリストを時々考える。

ショパンの練習曲作品10第3番。

通称、別れの曲はベタだと思いつつも本当に良いなと思う。

ショパンの祖国への愛が込められているそうだけれども、

生きた世界への別れに、これほど美しい旋律が聴こえたら良いのになと思う。

家族

続きを読む

ミルクプリン

牛乳が余るので何か使い道ないかな?と

なかしましほさんのレシピでミルクプリン。

牛乳と豆乳と寒天で作り、黒蜜ときな粉がけ。

絶妙な固さで、豆乳臭くも牛乳臭くもなく、癖のない不思議な感じ。

凍頂烏龍茶

とても久しぶりに、凍頂烏龍茶。

でも、茶船も茶海も聞香杯も無くなってるし、

急須もこれだけだったかな?

八角で可愛いけど、キレがあまり良くない。

The Whistle songs

嘘みたいな事に、

The whistle songs聞いていて、笛を拾う。

そしてこれは、この前私が落とした物だった。

落とした事すら知らなかった。

誰かに見られているような気がする1日。